大人から子供まで大好きなレトルトカレー!レトルトカレーの基本情報を紹介

このサイトでは大人から子供まで大好きな、レトルトカレーの基本情報をご紹介しています。
スパイシーで美味しいこのメニューについての基本を押さえておけば、食生活が豊かになるかもしれません。
加圧加熱殺菌を施したルーがあれば、簡単にできるアレンジメニューも楽しむことができるでしょう。
珍しいパウチ食品を購入したい場合にはネット通販がおすすめです。
色々な種類のものが売られているので好みに合うものが見つかるはずです。

大人から子供まで大好きなレトルトカレー!レトルトカレーの基本情報を紹介

レトルトのカレーについて詳しくなりたい人もいるでしょう。
そのような場合にはまず基本情報を押さえておくと良いかもしれません。
レトルトカレーは、出来上がったルーをパウチ容器に入れて高温・高圧で殺菌して作られています。
1年以上、常温で保存しておくことができるというメリットがあります。
近年では有名店の人気商品や、スパイスを活かした異国情緒あふれるものまで様々なタイプのものがレトルト食品として流通しています。

レトルトカレーは電子レンジで温めると簡単で地球に優しい

長期休みなどがある場合、多くのご家庭でレトルト商品を買い込んでストックをされていることでしょう。
1970年に日本ではじめて誕生したレトルト食品、それはカレーです。
家庭で大きな鍋で煮込むのが一般的な料理でしたが、レトルトになったことで少量の一人前から食べられるようになりました。
核家族世帯に一気に支持をされ、現在では各社メーカーからさまざまな風味の品が販売されるようになっています。
これからレトルトカレーを食べようという方も多いでしょうが、その際は電子レンジを活用することをおすすめします。
通常はガスで湯を沸かして湯煎をするものでしたが、この方法だと二酸化炭素を生み出すことになります。
約3分間の加熱となり、国内ですべての家庭でおこなったら年間で約400万リットルもの二酸化炭素を排出する試算です。
ところが電子レンジなら1分だけの加熱で完成するので、約10万リットル程度のCO2しか出なくて地球に優しい方法です。

レトルトカレーは保存できるので買い置きに最適

日本の子どもに好きな料理を聞くと、必ずカレーが挙げられるくらいには人気のある料理とされているのがカレーの大きな魅力です。
家族みんなが好きだと思える料理があることはとても素晴らしいことですし、気軽に食べられる手ごろさもあって今では欠かせない存在でしょう。
また、地震大国と言われている日本だけに、日頃から避難食としてある程度の食料を保管している家庭は少なくありません。
その際、チョイスの一つになっているのが簡単に食べることが可能なレトルト食品になるので、まだ買っていない方はこの機会にぜひ購入しておくことをおすすめします。
それと、レトルトであれば日持ちも良くて賞味期限も長く作られているので、いくつか買い置きしておくことができる点も魅力になります。
最近は味のバリエーションが豊富で一種類だけではない様々な商品が登場していることもあり、1週間違った味を楽しめるようにできることも素敵でしょう。
値段も安くて味の良さも保証されている、そんな魅力溢れるレトルト食品をぜひ活用してみてください。

ご当地のレトルトカレーは人気のお土産

国民食と言われる食べ物をご存じですか。
それは100年前にイギリス領事によって伝えられた食べ物で、いまではどなたでも週一回は口にされているものです。
正解はカレーであり、家庭で煮込んで口にする場合とレトルトカレーで食べるという方も多くなりました。
スパイスがふんだんに使われているため、御飯が進むというのも魅力です。
また日本では独自に進化を遂げているのもポイントで、現在では各地方で異なった風味の品があります。
通称・ご当地メニューと言われるもので、空港や土産物店ではレトルト商品で手に入れることが可能です。
国民食なだけあって、人気のお土産にもなりました。
たとえば北海道であれば、トドやシカ肉を使っているものとなります。
京都では大学がオリジナルメニューをレトルトにしており、受験生の間で話題となっているほどです。
ご当地ならではの銘品を用いており、観光の際に買って自宅で家族で地方の風味を堪能するのも悪くはありません。

自宅で味わう本格派のレトルトカレーとは?

スーパーやコンビニではたくさんの本格派レトルトカレーが手に入ります。
ルーから自分で作るのは、好きなお肉や好きな野菜を好きな大きさに切ってバリエーション豊かです。
ダイエット中なら鶏肉を使い、贅沢したいときは牛肉を使うなどその日の気分や状況に合わせて作るのも楽しいです。
しかし一人暮らしの方や手軽に食べたいときなどは温めてかけるだけのレトルトが助かります。
本格的に食べたいときはジャスミン米やナンで食べてもいつもと変わった感じがいいです。
ナンも難しいように思われますが強力粉、水、イースト、塩、オリーブオイルで作れます。
材料をボールに入れて手でこね寝かせてフライパンで焼くだけです。
材料もミックスされたものが売られているのですぐに手に入ります。
カレーが余れば、定番ですがうどんやパン、コロッケやピラフでリメイク可能です。
何日も食べ続けても飽きないのが不思議です。
日がたつにつれておいしくなります。
しっかり冷蔵庫で保存することが大事です。

レトルト,カレーに関する情報サイト
レトルトカレーのまとめ

このサイトでは大人から子供まで大好きな、レトルトカレーの基本情報をご紹介しています。スパイシーで美味しいこのメニューについての基本を押さえておけば、食生活が豊かになるかもしれません。加圧加熱殺菌を施したルーがあれば、簡単にできるアレンジメニューも楽しむことができるでしょう。珍しいパウチ食品を購入したい場合にはネット通販がおすすめです。色々な種類のものが売られているので好みに合うものが見つかるはずです。

Search